会社情報

行動規範

(コンプライアンスの実践)
①クリエイトグループの全役職員は、法令や会社内外の諸規則・ルールおよび社会規範を遵守し、法的責任と社会が求める倫理的責任を果たすべきであること(コンプライアンス)を十分理解のうえ、常に意識し行動する。

(人権尊重)
②働きやすい職場作りを目指し、一人ひとりが人権と多様性を尊重し、差別、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、等の行為を行わず、見逃さない。

(お客様本位)
③常にお客様本位で考え行動し、満足と支持を頂けるよう努める。万一ご指摘があった場合は事態を正確に把握し、お客様の立場に立った誠実な対応をとる。

(公正な取引)
④私的独占、不当な取引制限(カルテル)、独占禁止法違反となる不公正な取引方法など公正で自由な競争を妨げる行為を行わない。
⑤不正商品の製造・販売、営業秘密の不正取得・使用等、不正な競争行為は行わない。
⑥架空・循環取引等の不適切な取引や会計処理は行わない。
⑦営業活動を行うにあたって、必要な許認可等を取得し各種業法を遵守する。
⑧取扱商品の品質を確保するため、関係法令を遵守するとともに安全管理を適切に行う。
⑨贈収賄を禁止する。また、公務員に対しての法令に違反する贈答・接待等は禁止とする。なお、取引先への接待・贈答は社会通念上妥当な範囲を超えて行わない。
⑩会社の正当な利益に反して、自分や第三者の利益を図る等の利益相反行為を行わない。
⑪反社会的な活動や勢力に対しては毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断する。

(地域貢献・環境保護)
⑫各地域の歴史・文化・習慣を尊重し、地域社会の発展と環境の保全・保護へ向けて最善を尽くす。

(情報管理)
⑬インサイダー取引規制に違反する行為を行わない。インサイダー情報の管理を厳格に行い未公表の情報を利用して不当な利益を得る行為に関与しない。
⑭機密情報と個人情報管理には、情報管理規程に沿った細心の注意を払い遵守する。また顧客から受けた情報についても同様に取り扱う。
⑮社内の情報システムを不正に使用したり、害してはならない。